的確な個別指導と特別講習のWサポート

個別指導で肝心なことは、すべてを教えることではない。学生自らが考え、悩み、理解する環境を提供することが重要だ。

つまり、教えすぎてはいけないのである。必要なのは、手短に「ピンポイント」で教えることだ。発想豊かに疑問を抱き、いつでも何度でも質問をし、理解を深めることのできる環境こそが、個別指導といえるのだ。1対1の形式だけで満足して良いものだろうか。ぐんぐんでは、塾生の意欲を引き出し、高める工夫を重ねている。

「3人寄れば特別講習」と名づけた特別講習、通称「SOS」とは何か。不定期ではあるが、数人単位(2人以上)を対象に行う臨時講義のことである。苦手な単元や混乱している単元などの解説をリクエストすることで、特別な料金を払うことなしに、講義が受けられる。塾生同士で相談して、受講予約を入れておくのが良いだろう。

通称「SunSatur講習」は、主に土曜・日曜の夕方に行う高校生専用の講習時間のことである。自習するもよし、解説授業を受けるも良し。1週間分の力を、ここで蓄えて欲しいものだ。これも「SOS講習」同様に、リクエストに応える形で実施される。